ブログ記事一覧

大阪 阿倍野区 天王寺区 膝の痛みが一発で改善!

2018-07-19 [記事URL]


大阪 天王寺区 膝痛改善は筋トレしかないでしょ!

2018-07-16 [記事URL]

大阪 膝痛専門トレーナーの豊田です。

本日はなかなか結果が出ない原因
についてブログを書いていきたいと
思います。

まず、結果が出ない原因なんですが
そもそも、なぜ膝関節にストレス
がかっているのかが分析できて
いないというのがあります。

原因分からずして、
改善はできません。

根本的なことを言いますと、
ゆがみが起きているから
だとか筋肉の緊張が起きている
からだとかいろいろありますが、
それらは結果の話であって、
原因ではないのです。

膝の痛みの本質的な
原因は筋力低下が原因です。

膝の関節がゆがむのも
膝の周りの筋肉が硬く
なるのも根本的には
筋力低下なのです。

筋力低下があるため、
膝の関節にねじれが
発生したり、ゆがみ
が生じるのです。

その結果、膝が痛く
なるのです。

ですので、膝の痛みを
改善させたいのであれば、
筋トレしかありません。

一時的には筋肉を
つけなくても
痛みが取れたりしますが、
根本的なことを考えると
筋力をあげないと
いけないのです。

多くの接骨院や整体院、鍼灸院
などに行かれても、痛みが改善
していかないのは筋力が改善
していないのです。

私の指導では筋力をあげて
いくため、膝の痛みを
緩和させていき、最終的には
痛みをとることができるの
です。

あなたが膝の痛みで悩んで

おられるのであればきちんと、

筋力をあげてくれるところを
選ばれることをオススメいたします。

それでは!!!

 

 


大阪 阿倍野区 天王寺町 寺田町 腸脛靭帯炎で膝の外側の痛み

2018-07-08 [記事URL]

大阪 阿倍野区 天王寺町で
活動する膝痛専門トレーナーの豊田です。

 

 

いつもブログをご覧いただきまして
ありがとうございます!

 

 

腸脛靭帯炎と診断されて、
なかなか治らないと不安を
かかえている方が多いと
思いますが正直簡単です。

 

 

なぜ、簡単なのかと言いますと、
腸脛靭帯炎というのは大腿筋膜張筋
という筋肉が過剰に働きすぎること
。つまり硬くなってしまうことに
よって、膝の外側に痛みが出てくる
のです。

 

 

ということは大腿筋膜張筋
がなぜ働きすぎているのかを
分析すればよいだけの話です。

 

 

分析もせずに大腿筋膜張筋
が硬いからといって、
そこのマッサージばっかりする
からよくならないのです。

 

 

ちなみに大腿筋膜張筋が
硬くなる多くの原因は
腸腰筋や内側ハムストリングス
が弱くなってしまうからです。

 

 

上記の筋肉をしっかりと
鍛えることが出来れば、
すぐに大腿筋膜張筋の硬さは
取れていきます。

 

 

ちなみに下記の患者さまのお声を
書いてくれた方も膝の外側の痛み
で悩まされていたみたいです。

 

 

何と20年間も。。。

 

 

でも、この膝の痛みは私の指導で
ほぼ、一回で消えました。

 

 

それほど、筋トレは大切なのです。

 

 

筋トレのやり方さえ分かれば、
痛みは取れてくるのです。

 

 

大阪 阿倍野区 寺田町で
膝の痛み、腸脛靭帯炎などの
膝痛で悩まされているのであれば、
当院にご相談ください。

 


大阪 阿倍野区 西田辺 膝痛改善 本

2018-07-04 [記事URL]

大阪 膝痛専門トレーナーの豊田です。

最近、私の電子書籍が少しずつですが売れて
きています。(笑)

私的にはどんな施術よりも筋トレしたほうが
結果が出ると思っていますし、

実際に軽度の膝痛から重度の膝痛まで
改善しています。

本当に筋力が根本的に弱いままだと
いくら腕のよい人にゆがみを元に
戻していただいても、すぐに
戻ります。

それでは、時間とお金がもったいない
だけになります。

大事な考え方の一つとして、
自分の膝の痛みは自分で
改善させる心構えでいたほうが
どんどん膝の痛み
は改善していきます。

あなたは自分で自分の膝痛を
改善しようとしていますか?

下記に私が書いた電子書籍のURLを
貼っておきますので、ご興味がある
方はご覧いただけたらと思います^^

https://www.amazon.co.jp/膝痛は筋トレが一番改善する-豊田啓太-ebook/dp/B07DK18GYQ


大阪 天王寺 阿倍野 膝痛 病院 歩くと痛い

2018-07-02 [記事URL]

36560242_998232790345523_3482965911504158720_n.jpg


阿倍野 西田辺 膝 病院 手術レベルの膝の痛みが改善

2018-07-02 [記事URL]

大阪 阿倍野区 天王寺区で
変形性膝関節症の膝痛を
根本的に解決する運動整体を
させていただいている
パーソナルトレーナーの豊田啓太です。
本日は先月の患者さまのお声
MVPの発表をさせていただきたいと
思います(^^♪
982409.jpg
今回のMVPは西原さんです!
西原さんはこちらに来られたときは
とても大変な状態でして、
膝はまったく伸ばせず、
膝をさわると、あつ!!
となるぐらい炎症が
起きていました。
炎症を何回も繰り返して
おられるので膝の内側の筋肉
はかなり痩せ細ってしまって
いました。。。
もちろん、普通には歩けない
状態で、びっこをひいて
歩いておられました。
ですが、西原さんは
大変努力家なので
アドバイスさせて
いただいたことを
毎日のようにされて
いるらしく、
かなり膝の痛みが軽減され、
この前お会いしたときは
普通にスタスタ歩けるように
なっていました。(笑)
そして、少しずつ膝の内側
の筋肉も復活してきていました!
この間、お会いした時に
「こんなにも歩けるよう
なりました!」
と喜んで
おられたのが今も印象に
残っています^^
西原さんは医療系の現場で
お勤めされており、
かなり忙しい現場で
ダッシュしないと
いけないときも
あるそうです。
そんなお忙しい中、
トレーニングも時間を
見つけてされるのは
本当にすごいと思います。
私もついつい、時間がない、、、
と言い訳してしまうことも
たまーにありますが、
それを言い訳に
していても、
前に進めないですし、
忙しいのはみんな
一緒です。
西原さんは大変、
お忙しい中、
時間を見つけて色々と
がんばっておられるので
本当にすごいなと思います。
重症な膝痛だったので、
まだ完璧ではありませんが、
そのうちに完璧な状態に
なられると思います。
西原さん、引き続き、
がんばりましょう!!
ブログの読者さまも
どんな重症な膝の痛みで
も西原さんのように
自分に合った筋トレをすれば、
痛みは必ず改善していくことが
できます。
膝痛改善は方法を知っている
か知らないかだけですからね。
もし、膝の痛みで
お困りな方は気兼ねなく、
お問い合わせ
いただけたらと思います^^
本日もブログを
お読みいただきまして
ありがとうございました^^


大阪 阿倍野 西田辺 自転車 膝痛

2018-06-30 [記事URL]

大阪 阿倍野区 天王寺区で
変形性膝関節症の膝痛を
根本的に解決する運動整体を
させていただいている
パーソナルトレーナーの豊田啓太です。
本日は腸脛靭帯炎でお悩みの女性の方を
施術していました。
腸脛靭帯炎の痛みの改善も簡単で
本来働くべき筋肉が働いていないことで
腸脛靭帯炎という形になってしまうのです。
本来働くべき筋肉というのは
腸脛靭帯炎の場合は、
腸腰筋や内側ハムストリングスと
いう筋肉があまり働いていません。
しっかりと働かせるようになると
きちんと痛みが取れてくるのです。
あなたがなかなか腸脛靭帯炎の
施術を整骨院や病院で受けている
のに痛みが取れないとしたら、
腸腰筋や内側ハムストリングスが
働いていないだけかもしれません。
ですので、なかなか改善しない
ということで困っている方は
当院にご相談していただけたらと
思います。
それでは^^


大阪 阿倍野区 西田辺町 膝痛の原因

2018-06-29 [記事URL]

大阪 阿倍野区 天王寺区で
変形性膝関節症の膝痛を
根本的に解決する運動整体を
させていただいている
パーソナルトレーナーの豊田啓太です。
膝が痛いのは筋肉が硬いからでしょうか?
関節がゆがんでいるからでしょうか?
筋肉が弱いからでしょうか?
890675.jpg
とかいろんなご質問をいただきますが、
シンプルに原因をお伝えさせていただきますと、
膝関節にストレスがかかっているから
膝周辺の組織が壊れ、膝が痛くなるのです。
一般的な治療院、整体院、病院などでは
根本的に膝関節にかかっているストレス
を取り除かないため、一時的には
楽になってもまた痛くなるのです。
大事なのは、
膝関節にストレスがかかっている
要因を探ることです。
これがすべてです。
上記の原因が分かれば、
やるべきことは簡単になっていきます。
手段よりも原因。
なかなか改善しないなと
思ったら、原因に対してアプローチ
できないと思ってください。
それでは!!


大阪 阿倍野区 腸脛靭帯炎の膝痛 判定方法

2018-06-28 [記事URL]

腸脛靭帯炎を検査する方法としては、
徒手検査法 Grasping Testがよく知られています。
これは、椅子か何かに座って膝を直角(90度)に曲げ、
大腿骨外側上顆の箇所で腸脛靭帯を押さえます。
その状態のまま、再び膝を曲げたり伸ばしたりします。
この時、30度~45度くらい曲げた所で痛みを感じるなら、
腸脛靭帯炎である可能性が極めて高い、と言えます。
腸脛靭帯炎に関する検査では、
スクワッティングテスト Squatting T
estも知られています。
これは、膝関節(下腿、膝より下)を内旋させて、
痛みを感じたら、腸脛靭帯炎である可能性が高い、
と認められる検査です。方法は簡単です。
普通に立って、爪先を真っ直ぐ前に向け、
次に爪先を外に向けたり内に向けたり
するだけです。
この検査は、下腿を内旋すると、
内側に向いた分だけ
腸脛靭帯が引っ張られ、
より強く大腿骨外側上顆に
接触する事を利用した物で、
実験によって確立されている検査方法です。
最近の研究によると、腸脛靭帯炎を経験した
ランナーの筋肉には一定の特徴が有る、
と報告されています。
その特徴とは、腸脛靭帯炎を経験したランナーは、
股関節外転筋の筋力、特に、大殿筋の裏に
隠れていて股関節の外転と外旋を司る
中殿筋の筋力が弱い、と云う特徴です。
そして、その結果、股関節の内転と
内旋の力が相対的に強く、走行中の接地の
際に股関節が内転、内旋しやすくなっているようです。
また、膝関節が内旋しやすくなっている、
と云う特徴も報告されています。
これらの特徴は、腸脛靭帯に通常よりも
伸ばす力が働いて腸脛靭帯を硬く緊張させ
、大腿骨外側上顆に強く接触させて
摩擦を起こさせる特徴です。
その為、腸脛靭帯炎の痛みが再発したり、
他の障害を発症したりしやすくなっている
と言えます。
このような研究は、まだ十分に
なされているとは言い難い状況のようですが、
現時点までに明らかになっている事を踏まえて、
腸脛靭帯炎を経験した人や、発症は
していなくても腸脛靭帯炎の原因として
挙げられるような特徴を持っている人は、
股関節の内転と内旋、また、膝関節の内旋に
意識的に気を付けたり、中殿筋の筋力を強化する事を
意識したりする事で、腸脛靭帯炎の発症、
再発を予防する事が出来るかも知れません。
腸脛靱帯炎の要因は複合的で、個人個人の違いも有るので、
信頼出来るトレーナーとよく話し合いながら、
自分に合った予防、対策を取る事が大切です。


大阪 阿倍野区 西田辺町 腸脛靭帯炎で膝痛

2018-06-28 [記事URL]

大阪 阿倍野区 天王寺区で
変形性膝関節症の膝痛を
根本的に解決する運動整体を
させていただいている
パーソナルトレーナーの豊田啓太です。
腸脛靭帯炎は、ランニングなど
膝運動を繰り返すスポーツの
競技者がよく発症する膝の外側の障害です。
c1039971f9febaaa0e82ae3b80c64470_s.jpg
「腸脛靭帯」とは骨盤
(大腿筋膜張筋と大殿筋の付着部)から
太腿の外側を伝って膝の外側
(ガーディ結節 Gerdy tubercle)
まで伸びている、人体の中で最も長い靭帯です。
この靭帯は、膝の屈曲・伸展、
つまり、曲げ伸ばしをする時に、
「大腿骨外側上顆」と呼ばれる、
大腿骨の一部が外側に隆起している
箇所を前後に乗り越えます。
その時に、腸脛靭帯が大腿骨外側上顆に
触れて、摩擦や圧迫を起こし、
それが繰り返される事によって
炎症が起こり、痛みが出てくる訳です。
これが腸脛靭帯炎です。
腸脛靭帯炎は、ランニングによる
膝障害の代表的な症状なので、
「ランナー膝」「ランナーズニー」と
呼ばれる別名も持っています。
時には、腸脛靭帯だけではなく、
腸脛靭帯と大腿骨外側上顆の間にある
滑液包が炎症を起こす事も有ります。
これも腸脛靭帯炎に含まれます。
腸脛靭帯は、膝が伸びている時には
大腿骨外側上顆の前側に有りますが、
膝を曲げ始めると徐々に大腿骨外側上顆と
前後を交代する方向に動き、
30度~45度くらい曲げた所で
大腿骨外側上顆と重なり、
30度~45度を超えると大腿骨外側上顆の
後ろ側に位置するようになります。
つまり、腸脛靭帯炎の原因になるような、
腸脛靭帯と大腿骨外側上顆の摩擦や圧迫は、
膝を30度~45度くらい曲げた辺りで
生じている事が分かります。
実際、膝の屈曲角度が30度~45度よりも
大きくなるようなスピードランニングよりも、
膝の屈曲角度がちょうど30度~45度くらいに
なるようなジョギング、または、
下り坂でのランニング、雨の日の
ランニング等を繰り返す方が
腸脛靭帯炎を引き起こしやすい、
とも言われています。
短距離走よりも長距離走の方が
発症しやすい、とも言えます。
そして、腸脛靭帯炎を既に患っている
患者でも、膝を伸ばして歩くと
痛みが軽い、とも言われています。
膝の屈曲角度30度~45度の状態で
足を接地する機会の多い
スポーツと言えば、
長距離走だけではなく、
バスケットボールや野球、
水泳などなど幾らでも有りますが、
そのようなスポーツの選手も腸脛靭帯炎を
患いやすい、と言えます。
実は近年、腸脛靭帯炎の痛む箇所について
新しい説が出され、注目されています。
それは、腸脛靭帯炎を患っている
患者の多くが感じている痛みの出所は
腸脛靭帯ではないのでは
ないか、と云う新説です。
腸脛靭帯と大腿骨外側上顆の間には
脂肪体が有るのですが、その脂肪体には
神経終末や血管が多く存在するので、
患者が感じている痛みはその脂肪体から
出ている痛みではないか、と云う訳です。
ただ、大事になってくるのは、
関節の位置が正しい状態だと
膝周辺の組織にストレスがかからないので
どっちにしても関節を正しい位置に
していくアプローチはとても大事に
なってきます。
あなたの膝関節はねじれたり、
ゆがんだりしていないでしょうか?


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME