大阪 半月板損傷 円盤状半月 

大阪 半月板損傷 円盤状半月 

2018-06-22

大阪・京都・奈良で
変形性膝関節症の膝痛・腰痛を
根本的に解決する出張運動整体を
させていただいている
パーソナルトレーナーの豊田啓太です。
半月板損傷は、スポーツをしている時の
膝関節の怪我を主要な原因とする症状で、
活動的な10代後半から20代の方に
頻発する症状です。
その他、例えば、階段を踏み外して
膝に強い衝撃を加えたり、
転んで膝を硬い道路に強く打ち付けたり、
といった日常生活の中での、
或いは仕事中の怪我が原因になる事も有ります。
また、10代後半から20代ではなくても、
加齢や運動不足などに伴う代謝障害で
生ずる半月板の変性や断裂、
更には、遺伝による小児の円盤状半月
(半月板の形が通常は三日月、または
アルファベットのCの形をしているのが、
生まれつき円盤状になっている物で、
比較的異常が起こり易いと言われている。)
など、様々な原因も割合としては
多くないですが報告されています。
具体的に見てみましょう。
サッカーや空手などの蹴る動作で
膝関節を伸ばし過ぎたり(過伸展)、
膝関節を内反や外反し過ぎたり、
膝関節に急激に強いひねりの力(回旋力)が
加わったりすると、半月板が
剥がれたりねじ切れたりして、
損傷する事が有ります。
スポーツや仕事で繰り返し]
膝関節に負担を掛けた結果、
半月板が徐々に擦り切れて、
損傷する事も有ります。
この場合には、気付かない内に
半月板が傷付いたり薄くなったりして、
耐久力の乏しい脆弱な状態になっているので、
はっきりしない些細な原因が最後の
とどめのようになってしまい、
予想もしない時に突発的に半月板損傷の症状が現れます。
加齢、運動不足、病気などの理由によって、
ただでさえ血行の少ない半月板の血行が
一層少なくなると、半月板に栄養が
送り込まれたり老廃物を送り出したりする
機能が不全になります。
この事を、半月板が変性に陥った、と言います。
変性に陥ると、半月板は萎縮して硬くなり、
柔軟性や耐久力が無くなるので、
比較的弱い力が加えられただけで、
簡単に損傷を起こすようにもなります。
「遺伝による小児の円盤状半月」
についてももう少し詳しく説明しましょう。
「遺伝による小児の円盤状半月」は、
一般的な説明の中では
「膝半月板の先天的形態異常」などとも
呼ばれます。
外側半月板により多く生じ、
正常な半月板と比べて幅や
厚みが大きくなります。
円盤状半月では、幼い小児期のうちに、
それほど大きな力が膝関節に加わったので
なくても、遊んでいる中で跳んだり跳ねたり、
膝を軽くひねったり、スポーツの様々な動作を
したりする時に、半月板を徐々に傷付け、
損壊していく事が有ります。


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME