大阪 オスグット スポーツ障害 膝痛は筋トレで改善できる!

大阪 オスグット スポーツ障害 膝痛は筋トレで改善できる!

2018-05-24

大阪初!変形性膝関節症、
膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。
本日はスポーツ障害について
ブログを書いていきたいと
思います。
スポーツ障害は、中高生に
起きやすい障害です。
しかし、お子様は、
運動に夢中になるあまり、
痛みを放置する可能性が
高く症状が悪化する傾向に
あります。
だからこそ、
保護者や指導者が
小さなサインの見逃さず、
早期治療、早期改善に
つとめることが重要です。
そのためにも、この機会にスポーツ障害に
ついて理解しておくようにしましょう。
【スポーツ障害とは】
最近では、スポーツ障害を専門とする
整体や整骨院、接骨院も多くなっています。
お子様の体を定期的にプロが
メンテナンスすることで、
スポーツ障害を未然に防ぐ事が
期待され、現在注目されています。
スポーツ障害とは、
スポーツで生じる身体の障害のことで、
骨折や脱臼、捻挫などがあります。
体に過度の負担が繰り返し
かかる事が主な原因で、
早期に対応しないと、症状が悪化し、
関節の変形や分離によって、
運動どころか日常生活にも
大きな支障をきたす事もあります。
中高生にスポーツ障害が
多く見られる理由は、
骨や筋肉、その他の組織が不完全な
成長過程におかれているからです。
成人と違い、それぞれの組織は
構造的にまだまだ未熟で、
運動で発生する強い牽引力、
繰り返しの圧迫力に対応できず、
傷ついたり、変形し、
障害が生じやすいのが特徴的。
【主なスポーツ障害とは】
中高生で人気のスポーツといえば、
野球ですが、繰り返す投球フォームに
よって、野球肘、野球肩になる
ケースが多いのが一般的。
その他、サッカーやバスケット、
陸上などで見られる
ストップダッシュ、ジャンプ、
着地などの動作では、
膝蓋じん帯が、脛骨付着部分から
はがれる「オスグッド」や
「前十字じん帯損傷」
などがあります。
・野球肘
投球フォームによって、
じん帯が内側に
引っ張られじん帯が断裂、
外側に強い力が加わり
軟骨の損傷で、痛みが発生。
・野球肩
繰り返し肩を酷使することで、
筋肉とじん帯が傷ついている状態。
・オスグッド
膝蓋じん帯がはがれ、]
脛骨が小さな骨折を繰り返している状態。
膝の少し下あたりがボコッと隆起する。
・前十字じん帯損傷
膝にひねる力が加わると
じん帯が引っ張られて断裂。
・腰椎分離症
外力が繰り返し加わることで、
背骨の一部が疲労骨折する。
(水泳、野球、サッカーなど9
【スポーツ障害を予防するには】
・ウォーミングアップ
準備運動は絶対に欠かせません。
丁寧なウォーミングアップを行なう人と、
そうでない人の差は歴然。
ウォーミングアップは、
適度に体温や代謝を上昇し、
筋肉や関節の柔軟性を高めます。
反動をつけず、ゆっくりと
体を動かすのがポイント。
・クールダウン
運動後は、体をしっかりと休めましょう。
とはいっても、急激に身体の動きを
止めるのではありません。
興奮した機能を少しずつ鎮めるため、
軽めのジョギング、ストレッチ、
アイシング等が不可欠。
・練習の見直し
成長期のスポーツ障害の多くは
オーバーユースによるもの。
不完全な体に、繰り返し
負荷をかけることは禁物。
適度な練習量の調整を実施しましょう。
・フォームの見直し
成長過程のお子様の体は、
日に日に変化します。
それに見合ったフォームでの
運動能力を引き出さなければ、
結果的に体に負担をかける事になります。
スポーツ障害に特化した、当院では、
指導者に対するアドバイスも
実施していますので、
気軽にご相談ください。


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME