大阪 堺市 膝痛改善は部分的に落ちている筋力を戻せば改善する

大阪 堺市 膝痛改善は部分的に落ちている筋力を戻せば改善する

2018-03-25

こんにちは(^^♪
大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。
いつも、ブログを
お読み頂き誠にありがとうございます。
前回のブログではなぜ、
あなたが色々とがんばっているのに
膝の痛みが改善しないのか
について書かさせていただきました。
本日は前回の続きでなぜ部分的に落ちている
筋力を取り戻すことが大事なのかについて、
ブログを書いていきたいと思います。
713093.jpg
ところであなたは筋肉の量は
膝の痛みにあまり関係がないと
いうことはご存知でしょうか?
皆さんも高齢者の方が膝の痛みが
出ることはイメージつくと思いますが
実はスポーツ選手の方で筋肉の量が
多い方でも膝の痛みは出るのです。
では、なぜ痛みが出てしまうのかと
いうと「部分的な筋力低下」があるからです。
全体的に筋力が低下することは
あまり問題ではなく、部分的に
筋力が落ちることが問題なのです。
実は部分的な筋力低下があると、
膝が痛くなるような姿勢や歩き方に
なってしまいます。そうなってしまう
ことで膝にストレスがかかってしまい、
膝に痛みが出るのです。
あなたは腰が曲がって、
膝が少し曲がりながら歩いている方を
見たことはありませんか?
上記のような姿勢で歩いていると、
膝にものすごくストレスがかかって
しまい、膝が痛くなってしまうのですが、
このようになってしまう原因も
部分的に筋力が落ちてしまうことで
そのような姿勢や動作になってしまうのです。
このような歩き方をされている方は
多裂筋という腰の筋力や内転筋という
内ももの筋力が低下し、ガニ股に
なってしまい、太ももの外側の
筋肉がパンパンにはっています。
そして、内ももの筋力低下があると
その筋力低下をどこかで支えないと
いけなくなるので、太ももの後ろの
内側の筋肉であるハムストリングス
という筋肉がかなり硬くなります。
上記のような形になってしまうと、
膝の内側の健のところに
引っ張られるようなストレスが
かかってしまうので、
膝の内側が痛くなるのです。
難しいお話をして申し訳ございません(-_-;)
まとめますと脚の全体的な筋力は
関係がないということです。
脚を全体的に鍛えても意味がないのです。
部分的な筋力低下があることで、
それを補うためにほかの筋肉が過剰に
働いてしまい、膝関節にストレスが
かかる歩き方や姿勢になってしまうことが
問題なのです。
あなたも筋トレをされたことがあると
思いますが、なかなか結果が出ないのは、
きちんと本当に弱くなっている
筋肉を鍛えていないだけなのです。
適当な筋トレでは改善しません!!!
本日は部分的に落ちている筋肉を見つけ、
正しいやり方で鍛えていくことが大事と
いうことを覚えていただけたら幸いです。
ではでは(^^♪


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME