堺市 膝痛 変形性膝関節症について

堺市 膝痛 変形性膝関節症について

2018-02-18

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に
特化させた整体を行う専門整体師の豊田です。
本日は変形性膝関節症委に関して、
ブログを書いていきたいと思います。
————————————————-
膝の痛みでよくある「変形性膝関節症」について
————————————————-
膝の痛みは、日常生活もおびやかす身体の
トラブルにもなります。
この変形性膝関節症の原因で多いと言えば、
「変形性膝関節症」です。
これは膝の軟骨がすり減ってしまい、
痛みが出てくる症状についてのことです。
変形性膝関節症の症状がひどくなってしまうと、
最終的には「O脚」になり、
歩くたびに激しい痛みを
伴ってしまうこともあります。
変形性膝関節症になってしまうと、
日常生活でも不便をきたしてしまうでしょう。
初期段階は、起床時、歩行時、立ち上がった時、
外を歩いた時などに、脚に緊張や痛みを
感じてしまうことが多くなります。
膝の裏がきつくなってしまい、
重苦しい感覚になることや、違和感が出ることもあります。
○年齢によっても変形性膝関節症になりやすくなる?
変形性膝関節症にかかるのは、
年齢も少なからず関係しているものです。
例えば膝痛の患者さんがが、30代で、
もしも日頃から運動を頻繁に行い、身体を酷使する
重労働についているとすれば、「半月板」や靭帯が
原因で膝に痛みが出てしまうこともあります。
○高齢者は関節リウマチの可能性も高い?
高齢者で膝の痛みや膝の腫れを抱えている方であれば、
「関節リウマチ」の可能性もあります。
これは何も年齢に限ったことではありません。
そして水がたまってしまう
ケースも十分にあり得ます。
膝を酷使し過ぎてしまうと、
ストレスがかかり、膝が腫れ、
それを治そうとして、
膝に水がたまったりします。
例えば年齢を重ねて40代にも
なってくると、それまでどんなに
健康に自信があった人でも、
膝の軟骨に小さなひび割れを
起こしてしまうことがあります。
加齢と共に関節がすり減ってくるのは、
避けられないことでもあります。
変性が生じて痛みの原因になってしまうこともあるのです。
これぞまさしく「変形性膝関節症」です。
○変形性膝関節症はO脚だとなりやすい?
O脚の人は、「変形性膝関節症になりやすい」
というデータもあります。
これは脚が真っ直ぐな人でもなってしまいます。
遺伝的に、どうしてもかかりやすい人もいます。
さらに女性に多く見られるのも特徴でしょう。
○筋肉を鍛えることも膝痛の克服になります
筋肉を鍛えることは、膝痛を克服することにもなります。
筋肉を鍛えるといっても、本当に弱くなっている筋肉の
筋力を鍛えることで膝の痛みはとれていきます。
変形性膝関節症や膝の痛みで悩んでいる方は当院まで
ご相談いただけたらと思います。


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME