大阪 オスグットの膝の痛みは正しい筋トレで解決できる!

大阪 オスグットの膝の痛みは正しい筋トレで解決できる!

2017-05-12

大阪 阿倍野 天王寺
膝痛専門トレーナーの豊田です。
本日もオスグットとの説明と
改善の考え方についてブログを
書いていきたいと思います。
オスグットは、膝を伸ばす時に
大腿四頭筋から膝蓋骨と膝蓋腱
(膝蓋靭帯)を経て引っ張られる
脛骨粗面が、引っ張られ過ぎて傷み、
炎症を起こし、最後には
剥離する症状を指しています。
では、どんな場合に発症しやすいのでしょうか?
先ず挙げられるのは、
よく知られているように、発育期
(10~15歳頃)のスポーツ少年に多い、
と云う事です。
発育期の子供の骨は、先端が柔らかい
軟骨になっており、長く伸び易く
なっていて、身体が
成長していけるように
なっています。
脛骨の先端部の一部である
脛骨粗面も、同様に、発育期には
軟骨(成長軟骨)になっているので、
その分弱く、傷んだり剥がれたり
しやすくなっています。
ですから、発育期の子供は
オスグットを発症し易い、と言えます。
また、発育期には、
骨の成長が早くて
筋肉の成長が
追い付かない為に、
筋肉が引っ張られた
緊張状態になる事が有ります。
大腿四頭筋の場合も同様に、
発育期には大腿骨や脛骨の
成長に追い付けずに、
常に脛骨粗面を引っ張った
状態になる事が有ります。
更には、サッカー、バスケットボール、
野球、バレーボール、陸上競技、
テニス等、膝をやや曲げた
姿勢を取る事の多いスポーツを
長時間続けても、大腿四頭筋が緊張して、
或いは疲労して固く縮み、
脛骨粗面を引っ張った状態に
なる事が有ります。
そのようなスポーツをしていなくても、
身体の使い過ぎ、また、適切ではない
身体の使い方のせいで、
同様の状態になる事も有ります。
このような理由で、発育期の
スポーツ少年は、オスグットを
発症し易い状態になっています。
また、発育期のスポーツ少年
ではなくても、骨盤が歪んでいると、
オスグットを発症し易い、と言えます。
なぜなら、大腿四頭筋は、
骨盤から出て膝に繋がっているからです。
もしも、骨盤が歪んでいれば、
大腿四頭筋はそれだけ不自然な形を
強いられるので、緊張して固く縮、
脛骨粗面を引っ張る事になり、
オスグットを引き起こす事にもなる訳です。
時には、スポーツ等、脛骨粗面が
傷んだり剥がれたりするような
事を何もしていないのに
オスグットになる事例も有ります。
ですから、厳密には、オスグットが
発症する原因は解明されていない、
と言われています。
しかし、発症原因は分からなくても、
発症した結果身体にどのような
異常が生じているかは分かるので、
その異常を正す事によって、
単なる応急処置、対症療法に止まらず、
出来るだけ原因に近付き、
根本的な解決を図っていく事が
出来ます。
———————————-
なぜ色々と筋肉をほぐしたり、
オスグットの治療しているのに
痛みがとれないのか?
———————————
それは膝にかかるストレスをとりきれて
いないため、痛みがよくならないのです。
私も何年も痛みに悩まされた一人ですが
痛みの根本原因は筋力低下です。
そこを戻さない限り、
根本的に解決していくことは難しいです。
当院では本当の原因であるところの
部分にアプローチをするので結果が
でます。
どこに行ってもよくならないと
悩んでいる方は当院までご相談
くださいませ。
それでは。
根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME