大阪 ジャンパー膝の痛みがなかなか取れないと悩んでいるあなたへ

大阪 ジャンパー膝の痛みがなかなか取れないと悩んでいるあなたへ

2017-05-02

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。
本日はジャンパー膝についてブログ
を書いていきたいと思います。
【ジャンパー膝とは】
繰り返しジャンプを
要求されるバスケット、
ハンド、バレーボールなどの
スポーツで多く見られる症状です。
大腿四頭筋の収縮筋力が膝蓋骨と、
膝蓋腱、膝蓋靭帯に加わることで、
腱の断裂、変形が生じます。
それによって、
さまざまな痛みが現れるのが、
ジャンパー膝です。
症状の現れ方は、
・1期
スポーツ開始直後に膝蓋骨の
上下に疼痛が出現します。
ただし、運動に支障をきたすほどでは
ないため、ほとんどの場合、
疼痛を無視しスポーツを継続します。
・2期
1期の症状を放置し、
運動を継続すると症状は
2期に突入。運動開始時と、
運動後の痛みが出現しますが、
運動中の疼痛は、一時的に緩和。
場合によっては、消失します。
そのため、運動をやはり継続して
しまうケースが一般的。
ただ、この段階で医療機関を受診し、
詳しく検査を受ける必要があります。
・3期
進行し、3期まで症状が進むと、
あまりの痛みに運動を
継続することができなくなります。
さらに、膝蓋腱にストレスがかり、
さらに症状は悪化。
痛みは、ジャンプやダッシュなど、
力を強くいれることで、
強くなる傾向にあります。
ただし、ジャンパー膝は、
レントゲンの検査で異常を
確認するのが非常に難しい疾患です。
そのため、主な診断基準としては、
膝皿の周辺の痛みを訴える、
圧迫すると痛みを訴えるなどの
方法で診断します。
MRI検査では、腱の肥厚が
見られる場合もありますので、
自覚症状があるのに、
レントゲンで異常がないと
診断された場合は、
MRI検査も受けると
いいでしょう。
それでも確実な原因発見に
至らない場合は、
整骨院や接骨院がお勧めです。
【整骨院や接骨院の施術方法】
ジャンパー膝の施術は、
整骨院や接骨院が
得意とする疾患の一つです。
中でもスポーツ障害に対応する
施設では、効果的な施術が期待できます。
アプローチの方法は下記2つです。
・大腿四頭筋を緩める
・大腿四頭筋が硬くなる本当の原因にアプローチ
太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が
膝蓋靭帯を強く牽引することで、
痛みが発生する為、まずは、
その部分の筋肉の柔軟性を
あげます。筋肉の柔軟性をあげる
ためには大腿四頭筋が硬くなる原因を
徹底的に調べあげ、そこにアプローチを
かけます。
多くの場合は「股関節の筋力低下」
により、大腿四頭筋が
硬くなります。
根本原因を細かく調べて、
ピンポイントでアプローチできるのが、
整体、整骨、接骨院の魅力の一つです。
個々の症状にあわせた
オーダーメイドの施術だからこそ、
早い改善が期待されます。
ジャンパー膝を起こす多くの方は、
何かしらの痛みをかばいながら
運動を継続している事が
多いのが一般的。
ジャンパー膝は筋力の
バランスが悪くなっていること
が原因でジャンパー膝になってしまう
要因を作り出しています。
この状態を速やかに
改善するためには
筋力のバランスを
取り戻していくことが
大事になってきます。
なかなかジャンパー膝がよくならない
原因は本当に弱くなっているところの
筋力をあげていないだけです。
本当に弱くなっている部分の筋トレを
して、筋力のバランスが整っていくこと
で正常な関節運動になり、ストレスが減り、
痛みが取れてくるのです。
なかなかジャンパー膝の痛みがとれない
のであればご相談いただけたらなと思います。
それでは。
根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME