大阪 天王寺 痛風で膝痛

大阪 天王寺 痛風で膝痛

2017-03-11

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。
中年以降の男性に多く見られる痛風の症状。
風が吹く程度でも
痛みが生じる事から「痛風」と
呼ばれているこの疾病は、ビール
等に含まれるプリン体が原因で起きます。
膝の痛みやその他の関節の痛みがど
のように生じるかを知り、
生活習慣を改善していく事が必要です。
■痛風の原因とメカニズム
中年以降の男性に多い印象の痛風ですが、
原因は尿酸は血液中で過剰になる事で、
若くても発症する場合があります。
誰の身体の中にもある物質なのですが、
飽和すると関節に付着するという特徴が
尿酸にはあります。
「風が吹くだけで痛む」
という発作は、この尿酸が血液中の
ナトリウムと結びつき、関節の内側に溜まった後、
白血球がそれに反応する事によって、起こります。
「尿酸値が高い」という状態は、
関節だけでなく他の臓器にも
悪い影響を及ぼします。
その為痛風の発作が起きたら、
出来るだけ医療機関の診断を受け、
生活改善しながら
尿酸値が上がらないように
心がけることが必要です。
膝の関節が痛む発作以前に
足指などの部分が腫れるのが
痛風なり始めのサイン。
それが急激かつとても痛いのが
特徴です。
ビールのCMで「プリン体ゼロ」
の文言の商品が目立つようになりました。
このプリン体が痛風の原因です。
元々はエネルギーの元で酒類の中では
ビールに格段に多く、
蒸留酒にはあまり含まれません。
一年を通じ習慣的に
ビールを飲む人が
罹患リスクが高いと言えます。
また、レバーや明太子、
アンコウのキモなど、
お酒のお供に食べる
機会の多い卵巣類、
内臓などにも含まれます。
ビールとこれらの食品を一緒に
食べる方は要注意です。
■痛風のケアと体質改善
発作中はとにかく激痛が走り、
その後腫れてくる為、
揉んだりさすったりする事は
却って逆効果です。
痛風には、適切なケアを
行わず再発するとその度に
関節が盛り上がり結節に
なるという特徴があります。
そうなると発作が
おさまっている時に
マッサージ等に通うのも
困難になる為、栄養の改善と
医療機関の適切な処置が
どうしても必要です。
また、尿酸値を低くするためには
水分摂取し、腎臓に負担を掛けず
しっかりと排尿する必要があります。
勿論アルコール等で
水分を補うのではなく、
カフェインを含まない水や
白湯を摂る事が望ましいです。
関節痛の中でも痛風は
他の病気の原因になる
尿酸値の上昇を
知らせる警報サインと捉え、
症状が一度出てしまったら、
しっかりと体質改善を
心がけていきましょう。
根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME