大阪 オスグット サッカーをしている時に膝が痛い

大阪 オスグット サッカーをしている時に膝が痛い

2016-02-08

大阪で膝痛改善なら天王寺膝痛整体スタジオ!
天王寺膝痛整体院の豊田です。
本日はオスグットについてブログを書きます。
小学生から高校生までの成長過程にあるお子様に多く見られるオスグット。
オスグッドシュレッター症と呼ばれる膝の関節痛です。
【オスグット病とは】
10歳から14歳の成長期によく発生する病気で、「成長痛」と思う方も多いようですが、直接の因果関係はありません。
サッカーやバスケット、テニスにバレーなどジャンプや急に止まる、走り出す、など脚を酷使するような運動を熱心に行なうお子様に多く確認されています。
成長期に見られるオスグッドは、運動による疲労の蓄積、つまり脚の使いすぎが原因とされています。
子供の骨・筋肉は成人に比べ、柔らかく、十分な強度がありません。
そのため激しく、連続する運動によって膝の筋肉や、骨にダメージを及ぼし、特に上半身の重みや下半身の動きからくる負担を大きく受けるひざが炎症を起こしやすいのが特徴的です。
さらに炎症のまま、運動を続けたり、疲労回復が追いつかないという状況で、ひざ痛は、悪化し、運動時だけでなく、歩行時にも痛みを及ぼすようになります。
【オスグッドの症状について】
膝の骨には、頸骨結節と呼ばれる隆起がありこの部分に膝蓋靱帯があります。
膝蓋靱帯は、膝蓋骨と結合し、さらに大体四頭筋へと繋がっています。
その中に軟骨成分が含まれているのですが、10代はそれ以降の年齢の人と比べとても多いため運動による激しい動きで、何度も牽引力が膝周辺に加わると、軟骨が剥がれ、その下にぷくっと隆起が現れます。
この時点でも、自覚症状を全く感じない人もいます。
ただ、ジャンプや急激な制止、階段の上り下りにひざ痛を感じることはあります。
症状が悪化すると、安静時でもひざ痛を感じることがあります。
早期発見のポイントは3つ。
・ひざの皿の下の骨が飛び出してきた
・骨を押すと痛みがある
・運動すると膝痛がある
・正座の姿勢で痛い
・ひざが冷えると痛い
・同じ姿勢がとれない
これらの症状に当てはまる場合は、速やかにお近くの整形、整体を受診してください。
【適切な処置でオスグッドは治る】
成長痛なので、放っておいても治る・・・は、間違いです。
確かにお子様の成長につれ、自然と治るケースもありますが、それでは、治るまでに無駄な時間をかけすぎたり、場合によっては、姿勢の歪み、骨の歪み、など、成長に悪い影響を与える危険性も高くなります。
姿勢の悪さは、運動の成績等にも影響を及ぼすので、できるだけ正しい治療を受け、早めの改善を促すようにしてください。
では、現在どのような治療があるのか説明します。
病院や整骨院で、オスグッドの治療は受けられます。
ひざ痛の程度により治療法は、異なりますが、一般的には、湿布、電気、テーピング、マッサージ等です。
ただ、この治療法でも全く良くならないと感じる方が多いのも現状です。
特に整形外科等では、痛みを抑制するための鎮痛剤等で、症状を一時的にごまかす事もありますので、できれば、オスグッドを専門としている整形外科、もしくは整骨院、整体院等で相談するのがおススメです。
さらに、痛みが完全に回復するまで、運動を控えたり、運動のフォームの見直し、運動量の調整を行なうなどの対策も必要不可欠です。
スポーツ整体を専門としている当整体院では、このような指導も行なっていますので、一人で悩まず、まずはご相談ください。


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME