変形性膝関節症は手術しなくてもいい

変形性膝関節症は手術しなくてもいい

変形性膝関節症が進行したらどうなるの?
症状の危険性は?

多くの方が悩んでいるとされる
変形性膝関節症ですが症状が
進行するとどのような
変化や危険性が見られるのでしょうか。

今回はその詳細について詳しく
まとめてみました。

■変形性膝関節症が進行して起きる症状

●膝中心に発生する痛み

変形性膝関節症のメイン症状といえるのが
膝関節中心に見られる痛み。

初期段階は限られた動作をした時にしか
痛みが表れないことが多いですが、症状が
進行すると何もしていない状態でも
痛みを覚えるようになってしまいます。

なお、変形性膝関節症による痛みは
筋力の衰えが関係しているので
大腿四頭筋といった膝周りの筋肉を
鍛えれば緩和可能。

意外かもしれませんがこの症状の場合
膝の伸び曲げ運動を少しずつでも
行った方が良い結果を生みます。

逆に”痛みが出るから安静にしなければ
いけない”といったような間違った
認識により運動不足を招いてしまうと
下記のような悪循環を
生み出してしまいがちなので
気をつけましょう。

・変形性膝関節症で痛みを覚える
患者が陥りやすい悪循環

①膝に頻繁に痛みを感じようになる

②痛みの影響で自発的に動くことが
少なくなったり、負担を掛けることを
避けて膝を全く動かさなくなる

③膝周りが運動不足に陥り
血行機能や筋力が低下

④その結果、更なる症状の悪化が始まる

●膝を動かしづらくなる症状の発生

変形性膝関節症は膝関節に存在する
軟骨組織が磨り減りや損傷等の
トラブルにより、十分な機能を
果たせないことで起こりうる症状です。

そのため、症状が進行すれば
損傷した軟骨が周囲の部分に
影響を与え前述した痛みと共に
膝における稼動域の制限を
覚えることも少なくありません。

時には意図せず膝から崩れ
落ちてしまう症状が表れることも
あるので生活には大きく影響を
与える危険性があると言っても
過言ではないでしょう。

●場合によっては更なる症状が
表れることも

変形性膝関節症の悪化は同様に
膝周辺で起こる半月板損傷や
断裂等を招いてしまうリスクも
増幅させます。

これらが同時に起こってしまうと
膝に発生する痛みや稼動域制限等の
症状は更に強力なものに
なっていくでしょう。

 

・変形性膝関節症の症状は筋トレや
ストレッチでケア可能!

 

進行すると生活に大変な影響を及ぼす
変形性膝関節症ですが最初の項目で
触れたように骨盤周り、
膝周辺の筋肉を強化し
健康的な足を構築すれば、個人差は
あるものの殆どの症状は解消可能です。

 

変形性膝関節症での症状に
不安を感じる方は
まずは当スタジオにご相談して
いただけたらと思います。


膝痛改善メールマガジン

お得な無料メルマガ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。是非お気軽にご登録ください。




お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「脚のお悩み専門スタジオひなた」へのお電話はこちら

住所 〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町2丁目6-2アークビル602号室
電話番号 080-6102-0607
営業時間 10時~20時
定休日 日曜日
最寄駅 寺田町駅(徒歩2分)
駐車場 駐車場完備 (ビルの前にパーキング有り)

コメントを残す

*

PAGE TOP

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家 トレーナー向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME