スタッフブログ - 大阪ひざ痛の改善なら豊田啓太

HOME > スタッフブログ

大阪 東住吉区 膝に水がたまってい膝が痛い

2017年03月20日 [記事URL]

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。

膝のサポーター
ブログを書いて
いきたいと思います。

あなたは膝に水がたまり、
苦しい思いをされている
と思います。

早く、このつらさを
どうにかしたい。。。
ということで水を抜きにいったり、
治療を受けにいったり、
していると思います。


でも、なかなかよくならない。。。
そんなことで
悩んでいないでしょうか?


実は膝の痛みをとるために
大事なことがあります。


それは、

「膝の痛みの本当の原因は筋力低下である」

なぜ、このようなことが言えるのかと
いいますと、私のところにこられる方は
筋トレをしていただきます。


痛みがあってもです。


そうすると、どのようなことが起こってくるのか
といいますと、膝の水がなくなっていきます。


そして、痛みもとれていきます。
なぜこのようなことが起きるのかといいますと、
膝の水がたまる原因として、


「膝関節に負担」がかかっているからたまるのです。


ということは関節に負担がかかっているかぎり、
膝の水がたまり続けるということになります。


関節のストレスを減らすためには
関節の動きをよくしていかなければ
なりません。


その動きをよくしていくためには
筋トレが大事になってきます。


あなたは筋トレをいれていますか?


筋トレといっても、
スクワットとか腕立て伏せとか
そういったものではなく、


動きをかえていく筋トレです。


動きをかえていく筋トレを
行っていくと、
痛みが改善していきます。


されたことがない方は取り入れましょー
それでは。


根本から膝痛が改善するヒントが
満載の無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
http://www.itamikaizen.com/acmailer/form.cgi



大阪 東住吉区 膝痛 整体

2017年03月20日 [記事URL]

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。

本日は最初は痛みが取れたけども、
それからなぜ痛みがとれてこないのか
についてブログを書いていきます。
マッサージ店の写真

あなたがこのブログを
読んでいるということは


「整体、接骨院、病院」
に行かれている方だと思います。


施術を受けたとき
はマシになった。
でもまだ痛い。。。
ということで悩んでいませんか?


なぜこのようなことが
起きるのでしょうか?


私のところに通っていただいた方を
分析していると、


よくなってくると、
自然に「活動量」が増えていきます。


最初は激痛であまり
動けなかったとして
ちょっと動けるように
なったということで

歩く量が増えたり、
階段にのぼってみようかな
とと思い、昇られる方が多いです。


実は少し動けたらようになり、
活動量が増えたため、
それがストレスになり、
膝の痛みが出てしまっている
ということです。


でも大丈夫です。


前より動けない状態から
動けるようになっている
時点で体としては快方に
むかっていっています。


よくなっている証拠です。


痛みが改善していく前には
必ず前より動きやすく
なるという現象がおきます。


動きやすい体はよくなってきて
いるというサインです。
ただし、動きすぎは禁物です。

動けるようになって
きたからといって、
色々と動きすぎていると
負担になるので、
少しずつ関節の動きを
よい状態にしていき、
ステップアップをされることを
おすすめいたします。


それでは今から名古屋で
ある団体の試験を受けてきます。


それでは。

根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓



大阪 東住吉区 変形性膝関節症の膝痛

2017年03月16日 [記事URL]

大阪 天王寺 膝痛専門トレーナーの豊田です。


膝の痛みの原因は関節の動きが原因だ
ということについてブログを書いて
いきます。
膝のイラスト(男性)のサムネイル画像のサムネイル画像
膝痛の方の特徴として、
膝周りの筋肉、そのほかの組織が
非常に硬くなっています。

硬くなっていると関節の動きが悪く、
その動きが悪いことで
膝関節にストレスがかかり、
膝痛の原因につながります。

関節の動きというものはとても大事で、

下記の関節の動きが悪くなることで
膝に痛みが出てきます。

・腰の関節
・股関節
・膝関節
・足関節

いろいろな関節の動きが
膝の痛みに影響してきます。

膝痛を改善するためには
各関節の動きをよくしていくことが
とても大事になってきます。

動きをよくしていくためには
「施術」も大事ですが、

筋トレ、ストレッチを行うことで
動きがよくなってきます。

施術も大事ですが
根本的に解決となると、

筋トレが非常に大事なキーをにぎっています

膝痛の患者さんは
たいていどこかの
筋肉の筋力低下が起きています。

筋力が復活してくると
痛みがその場でとれたりします。

痛みが出ているからといって、
安静にしておくのではなく、

正しい筋トレをしていけば、
痛みというものは消えていきます。

あなたの痛みは筋力不足かもしれません。


その場で結果が出た
患者さまのお声は下記をご覧ください。

■実際にご受講される前は何に悩んでいましたか?


もともとは健康のためと思い、
一日に4キロほど歩いていて膝が痛くなり、
近所の整形外科で膝に
水がたまっていると言われました。


注射して水を抜き、ヒアルロンを打ってもらい、
楽になりましたがまた水がたまり、
注射して水を抜いてもらうということを
続けていましたが、同じところに注射すると、
その注射が痛くて、ガマンできないほどになりました。

そして、その整形外科には行かなくなり、
大きな病院で見てもらいレントゲン等で
変形性膝関節症と診断されました。


手術しましょうと言われていましたが、
こわいし様子を見ますと言ってことわり、
膝のサポーターや痛み止めの薬を
飲んで過ごしていました。


■一回目の指導(体験)をご受講されてどうでしたか?


体験して、関節の仕組みや自分の姿勢の悪い
ところなど教えていただきました。


少しのストレッチで痛みがずいぶんと楽になり、
受講しようと思いました。


■実際にご受講されてどうでしたか??


自分の姿勢の悪さが原因でかたまっている
筋肉などのストレッチをしていただきました。


自分でする運動やストレッチも
教えてもらっていますが、
自宅での運動やストレッチはあまり
出来ていないにもかかわらず、
痛みはずいぶんなくなり、楽になりました。


これからは自宅でも一生けん命、
ストレッチや運動をおこない、
痛みを完全になくしていこうと思っています。


たいへんすぐれたトレーナーに
出会えたと思っています。

どうも、ありがとうございました。



大阪 東住吉区 しゃがんむと痛くなる膝痛

2017年03月16日 [記事URL]

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。

最近、東住吉区のお住まいの方から
膝痛で困っているとのことでお問い合わせが多いです。

本日は変形性膝関節症の膝の痛みはとれると
いうお話をさせていただきます。

変形性膝関節症の
膝の痛みであっても
軟骨の磨り減りで
痛みが出るわけではなく、
ほとんどの場合、
膝関節についている筋肉の
緊張によって膝の痛みが出ます。

緊張をとっていくことで
痛みはとれていきます。

では、なぜ、筋肉が
緊張してしまうのかといいますと、

弱くなっている筋肉の
「筋力低下」があるからです。

使えていない筋肉があると、
他の部分の筋肉に緊張がおきてしまいます。

ということは使えていない筋肉を
しっかりと使っていくことが
とてもとても大事になってきます。

使えるようにするために
大事なのは「筋トレ」です。

あなたは筋トレを
しっかりとしていますか?

なかなか痛みが取れない原因として、
使えていない筋肉が使えない状態に
なっているということがあります。

使えるようになれば、
痛みがとれてきます。

筋肉がしっかりと使えるようになって
痛みが取れた方の動画はこちら

根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
<a href="https://peraichi.com/landing_pages/view/flcdz">膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓</a>



大阪 東住吉区 膝痛専門トレーナー

2017年03月16日 [記事URL]

大阪 膝痛専門トレーナーの豊田です。

本日は膝痛の痛みの原因について
ブログを書いていきたいと思います。
O脚(内旋)


膝痛の方に多い共通点として、
骨格にゆがみがあります。

たとえば、分かりやすいのがo脚です。
通常よりも骨が正しい位置にありません。

実は骨が正しい位置でないと
関節の周りの組織に
ストレスがかかります。

ストレスがかかることで
周りの細胞の破壊につながり、
痛みがでてしまいます。

改善方法としては
骨格を正しい位置にすることです。

そして、骨格を正しい位置に
していくためには筋肉のバランスを
整えなければいけません。

この筋肉のバランスが悪いことで
骨格のゆがみが発生します。

では、バランスを整えていくためには
何をしなければならないのかと
いいますと、

実は「筋トレ」が
大事になってきます。

弱くなっている筋肉の筋力をあげること。

柔軟性が低下している筋肉の
柔軟性をあげていくこと。

この2点がとても大事で
この2つのポイントを
おさえていくことで
骨格が適切な位置になってきます。

簡単に言いますと
正しい筋トレをすれば、
骨格のゆがみが
修正されるということです。


膝痛になる方は骨格がゆがんだ状態に
なってしまうことで膝関節に負担をかけて
しまっています。

マッサージや病院、鍼灸などにいっても、
なかなか改善しない原因は

「弱くなっている筋肉の筋力」
をあげないからです。

整体などで骨格を適切な位置に
してもらっても筋肉のバランスが
整っていないとまた元に戻ります。

筋力をあげていけば、、
骨格が正しい位置になってきます。

下記の写真のように。。。
まさきさんO脚写真


膝痛で困っている方は当院にご相談ください。
ではでは。



天王寺 変形性膝関節症の膝の痛みはとれる

2017年03月14日 [記事URL]

大阪 阿倍野 天王寺 
変形性膝関節症 膝痛専門
トレーナーの豊田です。


変形性だから
膝の痛みがとれない。。。
と言われますが、


そんなことはありません。


やるべきことをしていけば、
膝の痛みは改善していきます。


膝の痛みの根源は「筋力低下」です。


あなたが今まで痛みが改善しなかったのは
筋力をあげてこなかったからです。


筋力といっても、
太もも(大腿四頭筋)の
筋力をあげるのではなくて、


本当に弱くなっている筋肉の
筋力をあげること。


そして、硬くなっている筋肉の
柔軟性をあげていくこと。


この2点が重要になってきます。
それをやっていけば、
痛みは必ずとれていきます。


あなたは筋トレとストレッチを
していますか?


正しい筋トレをやっていますか?
正しい筋トレをしてけば、必ず、
結果はでてきます。


その証拠に下記の
写真を見てください。
日岡さん美フォーアフター.jpg

この方はもともと膝の痛みが
ありましたがは痛みがありません。


左の写真はだいぶ膝が曲がっていますが
右の写真は膝が伸びてきていますよね。


筋トレをすれば必ず変化が出てきます。
あなたもきっと大丈夫です。


膝痛で困っている方は
当院までご相談ください。
それでは。


根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓



天王寺 膝に水がたまる 膝が痛い

2017年03月11日 [記事URL]

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。

本日は膝に水がたまる原因のお話を
させていただきます。

膝のイラスト(男性)のサムネイル画像

膝痛を持つ人からよく聞く
「膝に水が溜まる」というのは
どのような状態なのでしょうか。

水といっても実際は滑液
で、溜まるのは膝が炎症を起こした時です。


また、水を抜いてもらう治療とは
どのようなものか、知れば発症した時にも
慌てないで済みます


■膝に水が溜まるとはどのような状態か

人間の身体には様々な関節があり、
骨と骨が直接擦れる事がないよう
クッションの役割を果たす成分が
充填されています。

膝の場合軟骨に加えて、
関節を包んでいる袋状の部分に
滑液という液が入っています。


これが膝に水が溜まった場合の
「水」の実態です。


実際にはヒトの体液なので、
正常な働きをしている時には
栄養が入っており、


膝が何かの問題を起こすと
不必要に分泌されます。

ビニール袋に沢山水を入れると、
袋の表面が張り圧力がうまれます。


膝に水が溜まったときもこれと同じく、
本来ならない圧力が水のせいで
関節にかかります。


外からの手触りも通常の
膝の感触と異なり、
何だかたぷたぷとした
感じになります。


炎症を抑える為に
過剰分泌された「水」
ですから、炎症の痛みと
共に歩きにくくなってきます。

膝にとっては非常事態の為、
医療機関で適切な診断を
仰ぐ必要があります。

単に膝の酷使や分かりやすい怪我で
水が溜まる場合と、
関節に病気を発症し、
炎症を起こしている場合があります。


いずれにせよ放置しておくと
歩くことが億劫になり、
また負担がかかった
状態で歩くと当然
身体に悪いです。


■膝に水が溜まった場合の治療方法

膝に溜まった水を抜くには、
通常注射器を用います。


診断時にもし何らかの疾病で
水が溜まっていた場合、
単に抜くだけでなく手術など
が必要になります。

その後長い事使っていく
必要のある身体ですから、
水が溜まった状態が
一過性の炎症なのか疾病なのか、
出来るだけ細かく
分かると安心です。


また、膝から水を抜いた後に、
関節のクッション劣化を
補う為にヒアルロン酸の注射を
行うなどの治療も、医療機関によっては
取扱いがあります。

自分の膝の状態をまずは診断、
適切な処置を段階的に行う...というのが
他の関節炎と同じく
「膝に水が溜まった」時の方法です。

膝の酷使で炎症を起こした
場合は、まずは安静がよいです。

炎症がある程度ひいてきたら、
関節を安定させる筋トレをいれると
どんどん、炎症がひいてきます。

炎症が起こる本当の原因は関節に負担が
かかる姿勢と動き方によってなります。


ということはその部分を
かえないと根本的に
痛みというものはかえられません。

かえられたとしても一時的です。

あなたの痛みの原因を把握し、
そこからアプローチをしていくのですが
膝の痛みのほとんどの原因は筋力低下です。

筋力が低下し膝に負担がかかるような
状態になっているだけとなります。

一時的に膝の水を抜くことも大事です。

しかし、根本的に改善となると筋トレが
必要になってきます。


あなたの膝の痛みをとるための参考になったのであれば
幸いです。

宜しくお願いします。

根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓



大阪 天王寺 痛風で膝痛

2017年03月11日 [記事URL]

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。


中年以降の男性に多く見られる痛風の症状。


風が吹く程度でも
痛みが生じる事から「痛風」と
呼ばれているこの疾病は、ビール
等に含まれるプリン体が原因で起きます。


膝の痛みやその他の関節の痛みがど
のように生じるかを知り、
生活習慣を改善していく事が必要です。


■痛風の原因とメカニズム

中年以降の男性に多い印象の痛風ですが、
原因は尿酸は血液中で過剰になる事で、
若くても発症する場合があります。


誰の身体の中にもある物質なのですが、
飽和すると関節に付着するという特徴が
尿酸にはあります。

「風が吹くだけで痛む」
という発作は、この尿酸が血液中の
ナトリウムと結びつき、関節の内側に溜まった後、
白血球がそれに反応する事によって、起こります。

「尿酸値が高い」という状態は、
関節だけでなく他の臓器にも
悪い影響を及ぼします。

その為痛風の発作が起きたら、
出来るだけ医療機関の診断を受け、
生活改善しながら
尿酸値が上がらないように
心がけることが必要です。

膝の関節が痛む発作以前に
足指などの部分が腫れるのが
痛風なり始めのサイン。

それが急激かつとても痛いのが
特徴です。

ビールのCMで「プリン体ゼロ」
の文言の商品が目立つようになりました。

このプリン体が痛風の原因です。

元々はエネルギーの元で酒類の中では
ビールに格段に多く、
蒸留酒にはあまり含まれません。

一年を通じ習慣的に
ビールを飲む人が
罹患リスクが高いと言えます。

また、レバーや明太子、
アンコウのキモなど、
お酒のお供に食べる
機会の多い卵巣類、
内臓などにも含まれます。

ビールとこれらの食品を一緒に
食べる方は要注意です。

■痛風のケアと体質改善


発作中はとにかく激痛が走り、
その後腫れてくる為、
揉んだりさすったりする事は
却って逆効果です。

痛風には、適切なケアを
行わず再発するとその度に
関節が盛り上がり結節に
なるという特徴があります。

そうなると発作が
おさまっている時に
マッサージ等に通うのも
困難になる為、栄養の改善と
医療機関の適切な処置が
どうしても必要です。

また、尿酸値を低くするためには
水分摂取し、腎臓に負担を掛けず
しっかりと排尿する必要があります。

勿論アルコール等で
水分を補うのではなく、
カフェインを含まない水や
白湯を摂る事が望ましいです。

関節痛の中でも痛風は
他の病気の原因になる
尿酸値の上昇を
知らせる警報サインと捉え、
症状が一度出てしまったら、
しっかりと体質改善を
心がけていきましょう。

根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓



天王寺 膝痛と膝のサポーター

2017年03月10日 [記事URL]

大阪 天王寺 阿倍野 
膝痛専門トレーナーの豊田です。

膝痛を緩和するのに有効なものの一つに
膝サポーターがあります。
膝のサポーター

スポーツ障害の膝痛も加齢からくる膝痛も、
一度発症してから日常生活を送る
のには膝をガードした方がよく、
つけていると膝が崩れません。

様々なタイプのものが出ている為、
購入時には症状に合わせた検討が必要です。

■タイツタイプ...保温タイプ...バラエティ豊かな膝サポーター

ひとくちに膝痛と言っても,
様々な痛みがある為、
膝をまもる為に開発された
サポーターも様々なタイプがあります。

スポーツ障害や外傷、半月板が壊れる、膝
がずれる等の比較的大きな痛みには、
膝をしっかりと固定してくれる支柱が
入った装具があります。

この器具の特徴は膝を固定するものですから、
手術の時につけるギプスに近い感じです。


膝の痛みは根本的改善のためには
サポーターはいりません。
ですが一時的に膝の痛みをおさえたり、
膝関節にかかるストレスを一時的に
減らすのにサポーターはとても有効です。


サポーターと言っても、
衣服の上から見えない極薄手の、
タイツタイプのものを選べば、
パンツスーツなどを
着こなす事が出来ます。

ワコールなどの下着メーカーが
開発してるものは形状も
スタイリッシュです。

また医療用のメッシュ素材のものもあり、
通気性が良い為ムレなどが気になる人には
最適です。

保温タイプは患部を温める事で
血行を良くする為、
膝や腰下が冷えると
痛むという人には
最適なアイテムです。

金額もそれ程高くないものが
販売されています。

極端に安いものは装着感が悪い為、
症状と相談して洗いやすく
脱ぎ着しやすい相応の機能のものを
数着買っておけば安心です。


■膝サポーターはどこで入手する?

膝サポーターを身近な場所で購入する場合、
ドラッグストアで売られています。

単に膝を温める程度のレッグウォーマーで
あれば洋品店などでも買えるのですが、
医療用途のものは少なくとも販売員が
どのような商品か分かっている場所で
購入すると良いです。

また、整形外科・整体院でも
販売されている事があります。

適切な歯ブラシを歯科で
使用方法を説明しながら
販売しているように、
治療機関や整体院では、
購入者の関節が早く
よくなるよう考えて
セレクトした商品を
取り扱っていますから、
もし「どの膝サポーターが良いか?」
と悩んだ時には、通っているお
医者様や詳しい方に話を
聞くと良いです。

クライアントを抱えると
いう性質上、効果など
膝サポーターの実際のところを
知っているのがお医者様や施術者です。


症状に合わせて使うときは使い、
根本的に改善をする場合は
サポータだけではよくならないので、
筋トレやストレッチをしていきましょう。


それでは。


根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓




大阪市天王寺区四天王寺 膝痛は生活習慣である

2017年03月09日 [記事URL]

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。


本日は膝痛は生活習慣である
ということについてブログを
書いていきたいと思います。
walking5_woman.png

膝痛は生活習慣病とも言われる為、
身近に膝痛の人が居る場合
家族で生活習慣を見直す事も
効果的です。

特に食生活の改善はしてソンになる事はなく、
膝に良い食べ物は身体全体に良いもの
です。

身近な人の膝痛に対し周りで出来る事を、
食生活の見直しを中心に考えましょう。

■生活習慣病は遺伝する?

生活習慣病はよく聞かれる言葉です。


厚生労働省の正確な定義では
「食習慣、運動習慣、休養、
喫煙、飲酒等の生活習慣が、
その発症・進行に関与する疾患群」
であり、中年期に差し掛かって起きる膝痛も
生活習慣病の一つで膝の痛みは
膝痛になるような習慣を本人さんが
されていらっしゃいます。

食習慣を始めとした
「家族の中で育まれてきた習慣」
は、悪い習慣や嗜癖が親から子に
受け継がれやすく、
膝痛も遺伝的要素を含めて
「親がその症状に苦しんだ
場合子にもあらわれやすい」
傾向があります。

膝痛の方の特徴としてO脚になっている
方がとても多いですが、O脚の原因も
先天的と後天的があり、先天的に
骨格のゆがみがある方もいらっしゃいます。

そのゆがみが原因で
膝の痛みが出ている場合もあります。

逆にいえば親が膝痛に苦しんでいる場合、
生活習慣の改善を子が促せば、
悪循環を断つ事が(ある程度は)出来ます。

正確な診断は医療機関に任せるべきですが、
多くの疾病が生活のソフトといえる
「習慣」にかかっています。

膝の痛みが起きる人の共通点として
必ず、膝の痛みが起きるような体の使い
方、膝の痛みが起きるような
姿勢になってしまっています。

現在では遺伝子解析の技術が
目覚ましく進歩している為、
どんな疾病が遺伝で起きているのかを
確認する事もある程度は可能です。

しかし良い習慣を身につけて
生活する事は、自分が唯の
「遺伝子の乗り物」ではないという
確認が出来心理的なはりあいが生まれます。


膝痛に関してもその点は忘れず、
積極的に生活改善しましょう。

■一番改善しないといけないのは
姿勢や動き方の改善

膝の痛みは膝の動きが悪いことでなります。


人にはさまざまな動きを
一日のうちに繰り返します。

「しゃがむ、立つ、歩く」
などの動作を繰り返します。

実は膝痛が起きる方は
膝痛になる姿勢や動き方になっています。

たとえば、膝痛の方に多いのは、
腰が丸まった姿勢でO脚になっています。
このような状態になってしまうと
膝関節にとてもストレスがかかってしまいます。

そして、この姿勢で立っているだけでも
負担がかかっているのに、歩くとさらに
負担がかかってしまいます。

膝痛改善に大事になのは
膝関節にかかるストレスを減らすこと。

そのストレスを減らすために
姿勢や動き方をかえていくこと。
これがすべてです。


姿勢や動き方をかえていくためには
筋力をあげることがとても大事で、
マッサージや針、注射、薬、サプリメント
なども場合によっては大事
ですが根本的な改善につながりません。

姿勢や動きをかえていくために
筋力をあげていくこと。

それをしていくことで
膝関節にかかるストレスが減ってきて、
炎症が起きている膝でも
炎症がおさまってきます。

何年も苦しんでいる膝痛は
筋トレを上手にしていけば改善することは可能です。


困っている方は膝の専門家に
ご相談しましょう☆それでは。

根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓






《 前 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 


無料メルマガはこちら

お得な無料メルマガ

「天王寺膝痛改善スタジオTBC」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。
是非お気軽にご登録ください。

膝痛メールマガジン

膝痛を根本から改善する方法や「割引情報キャンペーン」などを配信いたします は必須項目)

お名前
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ


電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「天王寺膝痛改善スタジオTBC」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒545-0001 大阪市阿倍野区天王寺町北3-17-34
かわむらひでき接骨院内
 【電話番号】 080-6102-0607
 【営業時間】 9時~21時
 【定休日】 日曜日
 【最寄駅】 寺田町駅
 【駐車場】 駐車場完備 (2台)

PageTop

お問合せ
お得な無料メルマガ

膝痛を根本から改善する方法や「割引情報キャンペーン」などを配信いたします

お名前

メールアドレス

は必須項目)
powered byメール配信CGI acmailer
メニュー
会社概要

大阪 膝(ひざ)の痛み・O脚・X脚矯正「天王寺膝痛改善スタジオTBC」


【住所】
〒545-0001
大阪市阿倍野区天王寺町北3-17-34


【電話番号】
080-6102-0607


【営業時間】
9時~21時


【定休日】
日曜日


【最寄駅】
寺田町駅


【駐車場】
駐車場完備 (2台)


【出張施術】
出張可


カテゴリー
新着記事