スタッフブログ - 大阪ひざ痛の改善なら豊田啓太

HOME > スタッフブログ

大阪 森ノ宮 膝痛ダイエット

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。


いつも、ブログをお読み頂き誠に
ありがとうございます。

本日は膝痛改善に体重は関係ない!
ということについてメルマガを
書いていきたいと思います。

ところであなたは膝痛を
改善したいんだったら、
体重を減らせとか言われたこと
はないでしょうか?

実は体重を減らすアプローチは
正解でもあるし、
正解でもないのです。

どういうことかと言いますと、

体重の重い方が
全員、膝の痛みが出ている
でしょうか?ということです。


体重が重い方を
思い浮かべて見てください。


その方は全員、膝が痛いと
言っていますでしょうか?


体重が重くて痛みが出るのであれば、
体重が重い人は全員膝が痛くなるはずなんです。


ですので、体重も関係は多少ありますが、
それが本質的な原因ではないということです。


本質的な原因は前にメールマガジンで
配信させていただいた筋肉の働く割合が
くずれてしまい、膝が痛くなるような
姿勢や動作になってしまうことで
膝関節にストレスがかかり、
痛みが出てきてしまうのです。

筋肉の働く割合をかえていけば、
体重が重くても関係なく、
膝の痛みは取れていきます。

体重が過多の方はダイエットを行い、
膝関節にかかる負担を軽くすることも
大事ですが、もっとも大事なのは、

「筋肉の働く割合をかえていき、痛みの出ない姿勢や動作」

にかえていくことがもっとも
大事であるということを
覚えておいてください!


そして、姿勢や動作をかえるためには
本当に弱くなっている筋肉に対して、
筋トレを行うことは必須になってきます。

本人さんが気づいていないだけで必ず、
膝が痛くなる方は膝が痛くなる姿勢や
動きになっています。

この部分を変えないからいつまで
たっても痛みが改善しないのです。

ですが、ここの部分をかえていけば、
痛みはどんどん取れていきますし、
根本的に改善していきます(^^♪


本日は体重を減らすことは本質的
なアプローチではなく、
膝が痛くなってしまう姿勢や動きを
膝が痛くならない姿勢や動きに
かえていくことが重要だということを
覚えておいてください。


では、本日はこれで終わりに
したいと思います。


それでは^^



森ノ宮 間違いだらけの膝痛改善方法

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。b


本日は間違いだらけの筋トレ方法について
ブログを書いていきたいと思います。

よく膝が痛いということで
色々なところで筋トレを教わって、
実践されている方が多いですが
的がはずれた筋トレを
されていることが多いです。

まず、鍛える場所が間違っています。

大腿四頭筋やお尻などの筋肉を
鍛えても改善はあまりしないですが、
その部分を鍛えている方がかなり多いです。

実は上記の筋肉は膝痛改善をするために
重要ではないのです。大事ではありますが
それらが本当に弱くなっている筋肉では
ないということです。

もちろんですが、鍛える筋肉が
間違っていると改善しません。

膝痛を改善させるために大事なことは、

本当に鍛えないといけない筋肉を
適切なフォームで筋トレをすることです。

この本当に鍛えないといけない筋肉を
鍛えることと、適切なフォームで
筋トレというのがかなり大事なポイント
になってきます。

あなたは鍛える場所を間違って
いないでしょうか?


適切なフォームで筋トレを
されていますでしょうか?


もし、この2つが出来ているのであれば、
日に日に膝の痛みは改善してくるはずです。


出来ていなければ、
膝の痛みはよくなりません。


本日はこの上記2つを適切に行ているかを
確認してみてください!

それでは(^^♪



森ノ宮 膝痛改善は安静にしていてはだめ

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。


本日は膝の痛みを改善させるために
安静がよいのかそれとも動いたほうが
よいのかについてお話をさせて
いただきたいと思います。

まず、膝が痛くなる方は
膝が痛くなるような姿勢、歩き方
になっています。

膝が痛くなるような姿勢や動き方になって
しまうことで膝関節にストレスが
かかり、膝を痛めてしまうのです。

膝関節の動きがおかしくて、
膝に痛みが起きているのであれば
その動き方を改善しないと
痛みを改善することは
難しいです。


ですので、動き方がおかしいので
あれば、しっかりと動いて
異常な関節の運動から
正常な関節の運動に
していかないといつまで
たっても膝の痛みが
取れないといったことが
起こってしまうのです。

どこに行っても、
何をしても痛みがとれてこないのは、
膝が痛くなる動き方になっていて、
膝が痛くならない動きに変えないから、
膝がいつまでたっても、
改善していかないのです。

確かに安静にしておけば、
膝の痛みはひいていきますが、
膝が痛くなるような動き方は
改善されていないので、
また動き出せば、膝関節にストレス
がかかり、膝が痛くなってしまいます。

あなたがもし、
一時的ではなく根本から
膝の痛みを改善させたい
というのであれば、
安静ではなく、動かないと
根本的に改善させることは
難しいと覚えておいてください。

それでは(^^♪



森ノ宮 マッサージや整体だけでは膝痛改善はできない

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。

先日もどこにいってもよくならない膝の痛み
で悩んでいる男性の方が来院されましたが、

筋トレをするとその場で痛みがとれて
びっくりされていらっしゃいました。
(※根本的に改善するにはもちろん
時間はかかります)

筋トレをすると関節にかかるストレスを
その場で減らせるので、
一回の筋トレでも痛みが減ります。


整体、マッサージ、いろいろな手技が
ありますが筋トレを的確にするほうが
最速で膝の痛みがとれていきます。


私も色々な整体テクニックや
手技などの勉強をしました
が筋トレに勝るものはないですし、
萎縮した筋肉に対して筋力をあげていくことが
もっとも早く改善していきます。

筋肉が萎縮することで筋力が落ち、
筋肉の働く割合(バランス)が悪くなり、
膝が痛くなる姿勢や膝が痛くなるような
動作、歩き方になり、膝が痛くなるので
あれば、萎縮した筋肉を元に戻さない限り、
根本的に膝痛を改善させることは
できないのです。

実は手首の痛みも肩の痛みも同じで
本当に弱くなっている筋肉に
対して筋トレを行い、筋力を戻していけば、
痛みは最速で改善していきます。


筋力をもとに戻さずして、
膝の痛みを根本的に改善することは
本当に難しいですし、できるので
あれば、私に教えてほしいぐらいです。

おそらく、そんな方法はないですが。。。。


私も昔は全身に関節痛があり、
365日中300日は病院や整骨院などに
通っていましたが
誰も治してくれませんでした。

なぜ治らなかったのかといいますと、

本当に弱くなった筋肉の筋力を
元に戻していなかった。

たった、それだけのことだったのです。

実際、私はすべて筋トレをすることで
どこに行っても改善しなかった関節痛が
改善しました。


ただのマッサージや整体、手技だけでは改善できないのです。


治療を完全否定しているわけではなく、
筋トレと同時並行でマッサージや整体などの
治療を行っていくと、関節の痛みというのは
劇的に改善していくのです。


もし、あなたが筋トレをされていない
のであれば、今すぐはじめるべきです。

ですが、筋トレを始められる際は
間違った方法で行うと改善しませんし、
逆に痛めてしまう場合があるので、
きちんと専門家の方に教わるように
しましょう!

それでは!(^^♪

-------------------------------------------------------------------------



森ノ宮 膝痛改善に超重要な筋肉

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。

本日は膝痛改善をする上で
超重要な筋肉をご紹介させて
いただきます。

一般的には膝痛を改善するために
大事な筋肉は「大腿四頭筋の筋肉」
を鍛えることが大事だと
言われていますが
実はあまり重要ではありません。

では、なぜそのようなことが
言えるのかと言いますと、
大腿四頭筋を鍛えて
改善するのであれば、
大腿四頭筋を鍛えたら、
みんな改善するはずだからです。笑

鍛えているのに痛みが改善しない
ということは
「大腿四頭筋の筋肉」が
大事ではないということなのです。

本当に大事だったら、みんな鍛えているので、
日本から膝の痛みは
なくなっていると思います。笑

あなたも
「大腿四頭筋の筋肉を鍛えましょう」
と教わって、がんばって鍛えられたと
思うのですがそれで本当に
よくなったでしょうか?

それ以外にも自分達の業界では
内ももの筋肉やお尻の筋肉を
鍛えましょうという常識が
広まっていますがあなたは
その筋トレで本当に膝の痛みが
改善しましたでしょうか?

もし、あなたが現在、膝痛を
改善させるために何かをされていて、
変化が出ないのでであれば、
今すぐその行動をやめるべきです。


なぜならば、原因に対して、
アプローチできていないからです。


今の状態を作っているのは
今のあなたの行動なので、
新しい成果を手にしたいのであれば、
行動をかえないければ、
新しい成果を手にすることは
難しいのです。

ちなみに私が患者さまに必ず鍛えて
もらうのは下記の4つの筋肉です。


・多裂筋
・内転筋
・腸腰筋
・内側ハムストリングス


私は必ず、患者さまに上記の筋肉は
鍛えてもらいます。
(その4つであまり改善が見られない
場合は足首の筋トレも行います。)


なぜ、上記の筋肉を鍛えてもらうのかと
いますと、この4つを上手に
鍛えていくと、ほとんどの場合、
膝の痛みが軽減してくるからです。


上記4つの筋肉をしっかりと鍛えていく
ことでO脚になっていて、外側に体重が
かかってしまい、膝が痛くなっている方で
あれば、きちんと内側に体重がかけれるよう
になってくることで、膝関節にかかる
ストレスが減ってきます。


だから、痛みを軽減させていくことが
できるのです。


あなたは上記の筋肉を
鍛えたことがあるでしょうか?


大腿四頭筋やその他の筋肉ばっかり鍛えて
鍛えてきたのではないでしょうか?


鍛えたことがないのであれば、
まだまだあなたの膝の痛みを
改善する可能性がありますし、
むしろ可能性しかないです。笑


本日は膝関節の痛みを改善させるためには
4つの筋肉が大事ということをお話させて
いただきました。


この4つはかなり重要なので、
まずは筋肉の名前だけでも、
覚えておいていただけたらなと思います。

それでは(^^♪




森ノ宮 膝痛専門院

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。

本日は膝の痛みは軟骨の磨り減りで
痛みは出ないということについて
ブログを書いていきたいと思います。

ちなみに膝の痛みが起きる箇所というのは
色々とありますが、大体痛みが起きる箇所は
膝の前側、後ろ、内側、外側に痛みが出ます。

そして、よく膝の痛みは軟骨の磨り減りが
原因だよ!とおっしゃられる方が
いらしゃるのですが、軟骨が磨り減って、
膝が痛くなることはあまりありません。

なぜかと言いますと、
「膝の軟骨には痛みを感じるセンサー」
がないからです。


痛みを感じるセンサーが
ないということは
軟骨が磨り減っても
痛みが出ないということです。

では、どこらへんが
痛みを感じやすいのかと言いますと、


「鵞足」という膝の内側の部分であったり、
「ガーディー結節」という膝の外側の部分、
そして、お皿の下にある脂肪のところに
痛みを感じるセンサーがあるので、
痛みを感じるのです。


ですので、本日は痛みを感じるセンサーは
軟骨の部分にはないので、
軟骨がすり減っても痛みは
出ないということを覚えておいて
いただけたらと思います(^^♪

それでは(^^♪




大阪 堺市 膝痛改善は部分的に落ちている筋力を戻せば改善する

2018年03月25日 [記事URL]

こんにちは(^^♪
大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。


いつも、ブログを
お読み頂き誠にありがとうございます。

前回のブログではなぜ、
あなたが色々とがんばっているのに
膝の痛みが改善しないのか
について書かさせていただきました。

本日は前回の続きでなぜ部分的に落ちている
筋力を取り戻すことが大事なのかについて、
ブログを書いていきたいと思います。
713093.jpg


ところであなたは筋肉の量は
膝の痛みにあまり関係がないと
いうことはご存知でしょうか?

皆さんも高齢者の方が膝の痛みが
出ることはイメージつくと思いますが
実はスポーツ選手の方で筋肉の量が
多い方でも膝の痛みは出るのです。

では、なぜ痛みが出てしまうのかと
いうと「部分的な筋力低下」があるからです。

全体的に筋力が低下することは
あまり問題ではなく、部分的に
筋力が落ちることが問題なのです。

実は部分的な筋力低下があると、
膝が痛くなるような姿勢や歩き方に
なってしまいます。そうなってしまう
ことで膝にストレスがかかってしまい、
膝に痛みが出るのです。

あなたは腰が曲がって、
膝が少し曲がりながら歩いている方を
見たことはありませんか?


上記のような姿勢で歩いていると、
膝にものすごくストレスがかかって
しまい、膝が痛くなってしまうのですが、
このようになってしまう原因も
部分的に筋力が落ちてしまうことで
そのような姿勢や動作になってしまうのです。

このような歩き方をされている方は
多裂筋という腰の筋力や内転筋という
内ももの筋力が低下し、ガニ股に
なってしまい、太ももの外側の
筋肉がパンパンにはっています。

そして、内ももの筋力低下があると
その筋力低下をどこかで支えないと
いけなくなるので、太ももの後ろの
内側の筋肉であるハムストリングス
という筋肉がかなり硬くなります。

上記のような形になってしまうと、
膝の内側の健のところに
引っ張られるようなストレスが
かかってしまうので、
膝の内側が痛くなるのです。

難しいお話をして申し訳ございません(-_-;)

まとめますと脚の全体的な筋力は
関係がないということです。


脚を全体的に鍛えても意味がないのです。


部分的な筋力低下があることで、
それを補うためにほかの筋肉が過剰に
働いてしまい、膝関節にストレスが
かかる歩き方や姿勢になってしまうことが
問題なのです。

あなたも筋トレをされたことがあると
思いますが、なかなか結果が出ないのは、
きちんと本当に弱くなっている
筋肉を鍛えていないだけなのです。


適当な筋トレでは改善しません!!!


本日は部分的に落ちている筋肉を見つけ、
正しいやり方で鍛えていくことが大事と
いうことを覚えていただけたら幸いです。


ではでは(^^♪



大阪 堺市 どこに行っても膝の痛みが改善しない理由

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。


いつも、ブログを
お読み頂き誠にありがとうございます。

本日はなぜあなたの膝の痛みが
どこに行っても改善しないのか
についてブログを書いて
いきたいと思います。

1028278.jpg

おそらく、このブログを
ご覧いただている
ということは下記のことは
一通りされたことが
あるのではないでしょうか?

ですが、下記のようなことを
しているだけでは、
膝の痛みが根本的に
改善することはありません。

----------------------------------------
・大腿四頭筋の筋トレ
・マッサージ
・整体
・注射
・湿布
・薬
----------------------------------------

上記のアプローチを行えば、
一時的に症状はよくなるとは
思いますが、症状はまた元に戻ってきます。

なぜ、元に戻ってしまうのか
あなたは分かりますでしょうか?

答えは、

「部分的に弱くなっている筋力を
元に戻していない」
からです。

あ!そんなこと知ってます!
大腿四頭筋を鍛えればいいんでしょ!

と思ったあなた。全然違います。

「大腿四頭筋の筋力」はあまり関係が
ありません。

実は膝が痛い方は大腿四頭筋以外の
筋力が落ちているのです。
具体的に言いますと、
膝の内側についている筋肉の筋力は
必ず落ちています。

大腿四頭筋以外の筋力が落ちていることで、
膝が痛くなるような姿勢や歩き方に
なってしまい、膝にストレスがかかり、
膝に痛みが出るのです。

根本的に膝の痛みをとるために
大事なことは部分的に落ちている筋肉の筋力を
元に戻していくことです。


本当に落ちている筋力を元に
戻していくことで、あなたの膝の痛みは
どんどん改善していきます。


もっと細かくお話したいですが、本日はこれで
終わっておきたいと思います。笑

ということで本日はなぜあなたの膝の痛みが
とれないのかということについて
お話させていただきました。

本日は本当に落ちている筋肉の
筋力を上げていくことが大事だということを
覚えておいてください(^^♪


それでは!!!




堺市 あなたの膝痛は改善する!

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に特化させた
整体を行う専門整体師の豊田です。


ブログをご覧いただきまして、
ありがとうございます!

本日はなぜ、私が私がこの仕事を
はじめようと思ったのかについて
書いていきたいと思います。

私は現在、整体師という職業をしていて、
とても健康的なのですが、

昔は自分自身が膝痛や腰痛、肩の痛みで
悩まされていました。
そのときは本当に毎日、痛みでつらく、
たっているのもつらかったです。

なかなか痛みが改善せず、3年間365日中、
300日は治療院で治療を受けていたの
ですが、まったくよくなりませんでした。。。


治療を受けたあとは痛みは一時的に
緩和するも、すぐに症状は元通り
、、、、、


なんでやねん。。。
助けてくれよ。。。と

とても悔しい思いをしました。

結局、治療院に行き続けてたのですが、
痛みがとれずで途方にくれていました。


そして、その数年後、ある体のゆがみを
運動で整えるセミナーに出たときの
ことでした。


そのセミナーを受けて色々、
実践していくとなんと、
どんどん、痛みがどんどん
とれていったのです。

「なんなんだ!これは!!!!!!」

「痛みが、、、、なくなった。。。。。。」

その時、私はあることに気が付きました。

「マッサージや整体だけでは
根本的に改善しない。

本当に改善しないといけないのは、
部分的に落ちている
筋力を改善することである。

落ちている筋力を戻さないと
マッサージや整体などの
治療をしても、一時的には
症状はよくるが、また症状が
元に戻るんだと」

それに気づいた瞬間、
講師やその生徒さんたちがいる中で
セミナー中泣き崩れてしまいました。。。。。

え、、、、、、これだけでよかったんだ。。。。。
なぜ、こんな大事なことを教えていないんだ!
なぜ、こんな大事なことが広まっていないんだ!

今までの時間とお金を返してくれ。。。。。。。。

この方法を早くに知っていたら、
たくさんの困っている方が
助かるのに。。。。。。。


なぜなんだー!!!


と泣き崩れてしまいました。。。

そのときのことでした。
自分自身にある使命が宿り、
心に火がつきました。

何で一般的な治療院は患者さまから
お金をもらって治さないんだ!!!
何でこんな大事なことを教えないんだ!!!
誰も教えないんだったら、自分が伝えていく。
たくさんの方に教えてあげなきゃ!!!

「自分自身で運動をすることで調子がよくなる
ことを当たり前の世の中にするんだ!」

と突然、内から熱い情熱が沸いてきました。

このようなことがきっかけで、今まで雇われで
仕事をしていたのですがそれを辞めて、
本気で伝えていこうとフリーの道を歩み、
運動を伝える指導者となりました^^


このブログを書こうと
思ったのも同じ気持ちで


このブログを読んでいただいている
あなたが私と同じ過ちを繰り返して
ほしくないですし、困っている方を
助けたいという思いで、
書いていこうと決意をしました。

長くなりましたが、
あなたが私のブログと出会ったことで、
あなたの膝の痛みが改善するきっかけ、
またはヒントになるような情報を
書いていこうと思いますので、
ご興味がありましたら、
引き続き読んでいただけると
嬉しいです。


あなたの膝痛も大丈夫です!
適切な運動をすれば改善します!!


今後とも、よろしくお願いします(^^♪




大阪 京橋 膝痛が起きるメカニズム動画

2018年03月25日 [記事URL]

大阪初!変形性膝関節症、膝痛改善に
特化させた整体を行う専門整体師の豊田です。


本日は膝痛が起きるメカニズム
について動画をとらさせて
いただきました^^


ご覧になりたい方は
下記URLをクリックして
いただけたらと思います。

https://youtu.be/fi3sj4WUPJg


本日の夜か明日には動画を
消すかもしれないので、お早目に^^

動画をみてもよくわからない
場合はこのラインアットに
ご質問していただけたらと
思います!


それでは(^^♪




《 前 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 


無料メルマガはこちら

登録者限定!自分で膝痛が改善できる無料動画も配信!!

「天王寺膝痛改善スタジオTBC」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。
是非お気軽にご登録ください。

膝痛メールマガジン

膝痛を根本から改善する方法や「割引情報キャンペーン」「自分で膝痛が改善できる無料動画」などを配信いたします は必須項目)

お名前
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ


「天王寺膝痛改善スタジオTBC」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒545-0001 大阪市阿倍野区天王寺町北3-17-34
かわむらひでき接骨院内
 【電話番号】 080-6102-0607
 【営業時間】 9時~21時
 【定休日】 日曜日
 【最寄駅】 寺田町駅
 【駐車場】 駐車場完備 (2台)

PageTop

大阪で膝痛出張整体なら膝痛整体師豊田啓太
治療家・トレーナーの方向けセミナー
お問合せ
お得な無料メルマガ

膝痛を根本から改善する方法や「割引情報キャンペーン」「自分で膝痛が改善できる無料動画」などを配信いたします

お名前

メールアドレス

は必須項目)
powered byメール配信CGI acmailer
メニュー
会社概要

大阪 膝(ひざ)の痛み・O脚・X脚矯正「天王寺膝痛改善スタジオTBC」


【住所】
〒545-0001
大阪市阿倍野区天王寺町北3-17-34


【電話番号】
080-6102-0607


【営業時間】
9時~21時


【定休日】
日曜日


【最寄駅】
寺田町駅


【駐車場】
駐車場完備 (2台)


【出張施術】
出張可


カテゴリー
新着記事