大阪 ジャンパー膝でお悩みのあなたへ - 大阪ひざ痛の改善なら豊田啓太

HOME > スタッフブログ > 大阪 ジャンパー膝でお悩みのあなたへ

大阪 ジャンパー膝でお悩みのあなたへ

2017年05月01日

大阪 阿倍野 天王寺 
膝痛専門トレーナーの豊田です。


本日はジャンパー膝について
ブログを書かさせていただきます。

バレーボール膝とは,
「ジャンパー膝」のことで、
膝蓋腱炎とも呼ばれます。


膝の使いすぎが原因で、
ジャンプを繰り返し
頻繁に行なうバレーボール
選手に多く見られることで、
その名称で呼ばれます。


バレーボール膝は、
スポーツ障害の一つなので、
スポーツ障害に対応する整骨院、
接骨院の施術で症状の緩和が
期待できます。

【バレーボール膝(膝蓋腱炎)
の症状について】

主な症状は、膝の前に
押されるような
痛みが起こりさらには、
膝周辺が炎症を起こし、
熱を帯びます。

初期では、膝の下に
違和感がある程度ですが、
次第に運動中に痛みをはっきりと
感じるようになります。

ただし、初期では、
運動中や運動後に
しか痛みが現れず、
普段の生活にはなんら
支障がありません。

そのため初期症状を見逃す場合が
多いのが一般的。


しかし、症状は次第に悪化し、
痛みが慢性化してくると、
膝の下全体にかけての痛み、
腫れなどが起こります。
重症化すると、膝蓋骨の
下端がはがれる「剥離骨折」も
同時に起こります。


【バレーボール膝(膝蓋腱炎)の原因】

繰り返し膝に負担をかける事が原因です。
膝の曲げ伸ばしによって、
膝蓋腱に小さな断裂などの損傷ができ、
炎症となります。

バレーボールだけでなく、
バスケット、サッカー、
バドミントン、テニス、
陸上競技などのジャンプ、
ストップダッシュ、ひねる、
キックなどの動作で発症のリスクが
高くなります。

バレーボール膝(膝蓋腱炎)
が成長期に多く見られるのは、
筋肉の成長が不十分だからです。

骨の成長に筋肉の成長が追いつけず、
筋肉は硬い状態。


そのため、膝の柔軟性が悪く、
膝にかかる衝撃を十分に
吸収できずに、そのままダメージとして
受け止めてしまうのです。


スポーツ以外では、
交通事故などの強い衝撃、
さらには、糖尿病やリウマチなどの
病気でバレーボール膝(膝蓋腱炎)
になる事があります。

【バレーボール膝(膝蓋腱炎)
を治すには?】

すでに痛みがある場合は、
速やかに病院を受診し、
詳しい検査を受けましょう。

糖尿病や関節リウマチの場合は、
その病気の治療をしない限り、
症状が緩和する事はありません。

まずは、原因を特定し、
症状を把握しましょう。
それにより、予防や再発防止に
努めましょう。

オーバーワークによる場合は、
まずは安静が必要です。


炎症が治まるまで、
しばらく運動や過度の動きを制限し、
テーピングやサポーターなどで
患部を固定します。


ただ、正しい筋トレを行うことで
膝関節にかかるストレスを減らすことで
早く膝の炎症がとれます。


膝は安静にするのも大事なのですが
膝関節にかかるストレスを減らすために
膝を安定させる筋力を鍛えると早く
よくなります。

筋トレと同時に行うとよいのは
ストレッチです。

ストレッチをしたほうがよいところは
太ももの筋肉で大腿四頭筋のストレッチ
を行うことが大事になってきます。


お勧めのストレッチ方は、
うつ伏せになります。

両手を伸ばし、片方の足のつま先を
お尻につけるイメージで曲げます。
誰かに押してもらうとより効果的。


太ももの全面がしっかりと
伸びているのを意識しましょう。


次に、右足を曲げて、
つま先を左手でお尻の方へ引き寄せます。
曲げた膝は、外側に引きます。


太もも内側と前面の筋肉が
伸びるのを意識しましょう。
ペアで行なうようにしてください。


弱くなっている筋力をあげ、
硬くなっている筋肉を伸ばす
ことでジャンパー膝の膝の痛みは
どんどんよくなります。


ジャンパー膝でお悩みの方は
当院にご相談ください。


それでは。


根本から膝痛が最速で
改善するヒントが満載の
無料メルマガの購読は
下記からお願いします。
膝痛を根本から解決無料メールマガジンの購読はこちら↓



無料メルマガはこちら

お得な無料メルマガ

「天王寺膝痛改善スタジオTBC」では、お得な無料のメールマガジンを配信しております。
是非お気軽にご登録ください。

膝痛メールマガジン

膝痛を根本から改善する方法や「割引情報キャンペーン」などを配信いたします は必須項目)

お名前
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

お問い合わせ

電話・メールでのお問合せ


電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「天王寺膝痛改善スタジオTBC」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒545-0001 大阪市阿倍野区天王寺町北3-17-34
かわむらひでき接骨院内
 【電話番号】 080-6102-0607
 【営業時間】 9時~21時
 【定休日】 日曜日
 【最寄駅】 寺田町駅
 【駐車場】 駐車場完備 (2台)

PageTop

お問合せ
お得な無料メルマガ

膝痛を根本から改善する方法や「割引情報キャンペーン」などを配信いたします

お名前

メールアドレス

は必須項目)
powered byメール配信CGI acmailer
メニュー
会社概要

大阪 膝(ひざ)の痛み・O脚・X脚矯正「天王寺膝痛改善スタジオTBC」


【住所】
〒545-0001
大阪市阿倍野区天王寺町北3-17-34


【電話番号】
080-6102-0607


【営業時間】
9時~21時


【定休日】
日曜日


【最寄駅】
寺田町駅


【駐車場】
駐車場完備 (2台)


【出張施術】
出張可


カテゴリー
新着記事